公差補正

FLEXITOL®

公差を継続的に補正する許容差補正ファスナー

 

公差補正-生産効率の向上

FLEXITOL®の使用により、公差を補正できるため、
より効果的な生産が可能になります。

FLEXITOL®許容差補正ファスナーは、公差をコスト効率よく補正し、組み立て時の反りを防止するために開発されました。このようにして、量産における信頼性の高いプロセスフローが保証されます。さらに、複雑な調整プロセスがより効率的に行われます。

この製品はBöllhoff製です。

メソッド / 動作原理

モジュラーコンセプトに基づく製造プロセスは、自動車業界の基本です。
個々の部品は最終的な製造元に供給され、組み立てられます。開発プロセスでは一連の生産を可能にするために適切な公差を定義することが重要です。このような状況において、FLEXITOL®自動許容差補正ファスナーは、技術的に最適化され、費用対効果の高いソリューションを提供します。

アプリケーション

現在、機械のハウジング、引出しランナー、実用車のキャブ・ライニング、または洗濯機用の駆動ユニットなどの組み立てに、モジュール式製造プロセスが数多く存在します。

自動車産業においても、FLEXITOL®は、特にヘッドライト、リアライト、計器盤、泥除け、ドアフレーム、ルーフレールの組み立てに必要な公差補正を可能にします。

製品の利点
  • 比較的高い製造公差の補正
  • 高い機能信頼性
  • ワンサイドアクセスで取付け可能
  • 幅広いアプリケーションに適用可能
  • 迅速且つ容易なアセンブリ

製品の利点

当社の製品を選ぶ理由は、たくさんあります。

強度とオプション

比較的に高い製造公差の補正

信頼できる量産のための、最適な公差を補正します。

高性能部品の品質確保

費用対効果の高い技術的ソリューションにより、信頼できる機能と品質を確保します。

迅速且つ容易な取付け

短く経済的なサイクルタイムにより、効率的な生産プロセスを実現します。

詳細な説明

 

マニュアルおよび自動公差補正システム

マニュアルおよび自動の公差補正ファスナーを提供しています。使用部位によって適切なファスナーを選択する必要があります。ツールを使用せずに部品をサブアセンブリに組み込む場合は、マニュアルソリューションを選択する必要があります。前工程でで部品のクリアランスがすでに確立されている場合、自動ソリューションを使用する方が理にかなっています。もちろん、手動と自動の公差補正ファスナーを組み合わせることも可能です。

 

マニュアル公差補正

この許容差補正ファスナーは、部品の所定の位置にねじ込まれます。接合プロセス中、部品の公差は補正されます (部品の納入時にゼロ公差)。組み立て中にさらなるアラインメントが可能です。ジョイントが解除されると、設定された位置が保持されます。

FLEXITOL® –手動公差補正

マニュアル公差補正

 

自動公差補正

2つの部品は、互いに対して位置決めされます。
それらを一緒にねじ込むと、2つの部品の間のギャップが自動的に補正されます。
公差補正ファスナーは、最初に決められた位置を固定します。
ジョイントが解除されると、ファスナーは元の位置に戻ります。

FLEXITOL® –自動公差補正

自動公差補正

様々な製品

それぞれに適応する対策が必要です。

御社のアプリケーションに適切なバリエーションを見つけてください。

FLEXITOL®

このツーピースシステムは全て金属で作られているため、高負荷に耐えることができます。
ジョイントスペースが最小限に抑えられているため、既存のスペースに容易にインストールできます

詳細情報

FLEXITOL® ハイブリッド

FLEXITOL® ハイブリッドは、主に大規模な量産に使用することを目的としたマルチパートシステムです。
モジュラー設計により、異なるベース高さと公差補正寸法を容易に変更できます。

詳細情報

FLEXITOL®プラスチック

FLEXITOL® プラスチックは、プラスチック製の調整要素と締結要素で構成され、 事前に組み立てられた状態で供給されます。 このサブアセンブリは、 プラスチック製の受入部品のパイロット穴にねじ込まれます(セルフタッピング)。

詳細情報

FLEXITOL® K' in K'

いわゆる「バンジョーネジ」については、K’ in K’ スレッドの機能も非常に重要です。K’ in K’スレッドは、プラスチックの下穴にそのパイロットスレッドを切ります。

詳細情報

FLEXITOL®ソリューション

マニュアル公差補正ファスナーを使用してリアライトを取り付けます。

詳細情報

FLEXITOL®スペシャルソリューション

マニュアルおよび自動許容差補正ファスナーを使用してルーフレールを取り付けます。

詳細情報

ダウンロード

詳しくは:関連ダウンロード。

詳細を知りたい場合に、関連するパンフレットをダウンロードしてください。

タイトル 言語 バージョン ファイル ダウンロード
FLEXITOL®
許容差補正ファスナー
英語 0590/16.02 2088 kB / PDF
英語 0590/16.02 2088 kb / PDF

PDFをご覧になる場合は、無料のAdobe Acrobat Readerが必要です。