接着技術

ONSERT®

光硬化接着ファスナー


 

Fixed in seconds

ONSERT® は、広範囲の材料に様々なファスナーを接着可能です。

機械的締結システムの専門として、当社は接着技術の専門であるDELO社と共同開発致しました。両社の分野のベストを組み合わせた新しい締結技術です。

この製品はBöllhoff製です。

メソッド / 動作原理

接着剤接合や溶接が使用できない状況下において、透明なプラスチック製のマウントが成形されたファスナーが、光硬化型接着剤を用いて接着されます。最も重要な面は、短いサイクルタイム、材料に優しいプロセス、ファスナーの適応性です。

アプリケーション

ファスナーが溶接不可能な材料に取り付けられている際は、ONSERT®を使用することが可能です。航空宇宙産業における軽量構造用、または自動車分野におけるカバーパネルの取り付けなど、この革新的な技術は、様々な分野で多用途に使用して頂けます。

製品の利点
  • 短い硬化時間 (< 4 秒)
  • 下穴不要
  • 薄板への締結
  • 表面処理された母材への使用

製品の利点

当社の製品を選ぶ理由は、たくさんあります。

強度とオプション

意匠性

接着工法により母材裏側からファスナーが見えることはありません。

独立したプロセスパラメータ

スチール、アルミニウム、プラスチックのいずれであっても、一つの手順であらゆる種類の部品を簡単に締結できます。

即時の耐荷重

調整されたランプの形状により、最適な硬化が保証されます。

短い硬化時間

最適な接着剤硬化時間。

詳細な説明

 

ONSERT®Basic

軽量構造の方法は、従来の機械的または熱的接合技術の使用をより困難にします。結果として生じる力や温度は、視覚的または技術的な損傷を引き起こす可能性があります。さらに、軽量材料は、その機械的な特徴において異質なものがあり、穴加工は避けたほうが良いと考えられます。

解決策:ONSERT®Basic ネジ、スレッドブッシュまたはスナップコネクタのようなファスナーが、透明プラスチックのマウントと一体成型されています。

ONSERT®Basic表面接続
 

幅広いオプション

一般的には、射出成形によって製造することができるすべての形状が可能です。塑性成形品、取り外し可能および不可能なスナップファスナー、接着タイプのSNAPLOC®ファスナーは、CFRP、FRP、ガラス、ラッカー、PC-ABS、PAなどのプラスチックに適用できます。

ONSERT®基本表面接続
 

接着剤の選択

いくつかの試験によって、対応する接着剤が決められます。DELOおよびBÖLLHOFFとの協議の上、お客様の用途分野ごとに個別に選択する必要があります。最も汎用性の高い接着剤はDELO-PHOTOBONDです。

 

DELO-PHOTOBOND

  • 光硬化型接着剤
  • 短いサイクルタイムでの硬化
  • 各種母材への汎用接着剤
  • 用途特有の機械的特性(高伸長、ガラス転移温度、ヤング率)

 

DELOとBÖLLHOFFは、お客様の開発プロセスをお手伝いします。

ONSERT®接着プロセス-塗布、接合および硬化

接着プロセス:
1)塗布
2)接合
3)硬化

ダウンロード

詳しくは:関連ダウンロード。

詳細を知りたい場合に、関連するパンフレットをダウンロードしてください。

タイトル 言語 バージョン ファイル ダウンロード
ONSERT®
光硬化型接着剤による、ファスナー締結工法
英語 0250/16.02 481 kB / PDF
英語 0250/16.02 481 kb / PDF

PDFをご覧になる場合は、無料のAdobe Acrobat Readerが必要です。

詳細

より多くの接合技術をご覧になりますか?

他のアプリケーションおよび関連トピックに関する情報がここにあります。