ニュース – 08.07.2019

アジアへの投資

物流、販売及びオフィス用スペース


 

中国に新物流センターを開設

ベルホフは中国の無錫(Wuxi)にサービス拠点を拡大しました。 新しい物流センターを開設することで、同社は中国市場での着実な事業成長に対応しています。

2019年4月1日に操業を開始。総面積約9,700平方メートルの建物には、物流用の追加スペースと販売管理用のオフィススペースがあります。

Böllhoff parabola

 

無錫(Wuxi)拡大の必要性

中国の無錫にある新しい物流センターは、現場での取扱い可能な容量を大幅に拡大します。 狭い通路の倉庫と多数の小型ラックシステムの統合により、物流処理用の追加の保管スペースが生まれました。 「何年もの成長の後、既存のスペースが十分ではなくなったため、拡張が必要でした」と、ベルホフのエリアロジスティックマネージャー、Julien Salerioは説明します。 「現在の許容量は、今後10年間で増大する需要を満たすように設計されています。」ファスニングテクノロジーを中心とした物流は、中国のベルホフグループのコアとなる強みの1つです。

最先端の規格

在庫管理とロジスティクスの両方のワークフローに関して、新しい建物の建設中に最先端の規格のものが導入されました。 同様に、オフィススペースは職場の設計における最新の調査結果に沿って設計されています。 近代的な設備とリラクゼーションエリアを備えたオープンプロジェクトルームは、機敏な作業と効果的な情報交換のための理想的な環境を作り出します。

2004年からの中国での自社生産拠点

新しい物流センターは無錫において4回目の拡張となります。 2004年の生産開始以来、この拠点は急速に発展してきました。 長年にわたり、特に製品グループのプラスチック技術とリベット技術は着実に成長してきました。 ベルホフは現在無錫で200人以上のスタッフを雇用しています。

詳細

より多くの接合技術をご覧になりますか?

他のアプリケーションおよび関連トピックに関する情報がここにあります。