ニュース – 09.09.2019

アジアにおける投資

すべての部門において十分なスペースのあるビルを建設


 

ベルホフインドの新社屋

2019年前期にベルホフインドは本社を移転いたしました。公式な稼働セレモニーは8月中旬に行われました。

ニューデリーのインド都市グルグラムにあるこの新しいビルは、総床面積が3,700平方メートルを超え、以前の本社の2.5倍の大きさです。 生産から管理までのすべての部門に十分なスペースを用意しました。 以前はベルホフインドの部門は2つの別々の小さなビルに分散していました。


「本社の移転により、今後もお客様の高まる需要に対応できるようにコースを設定しました」と、ベルホフインドのマネージングディレクターであるShiv Kumar氏は述べています。 「移転により、オフィススペースを近代化するだけでなく、生産能力を高めることができました。新しく考え出された生産レイアウトにより、材料の流れが改善され、無駄が最小限に抑えられます。」


ベルホフグループは2007年以来、インドの市場に子会社を構えています。

Böllhoff parabola

詳細

より多くの接合技術をご覧になりますか?

他のアプリケーションおよび関連トピックに関する情報がここにあります。