ニュース – 04.10.2017

表面処理

 

VZDによる持続可能な表面保護

VZD - 電気メッキのための六価クロムを使わない代替品

六価クロムは、環境に有害な物質であり、健康に重大な危険を及ぼす物質として、多くの業界から既に禁止されています。2011年9月21日に、六価クロムを含有する表面処理の禁止は、REACH規則のもとで欧州全体で実施されました。

Böllhoff parabola

 

この禁止は、以前は電気めっきされたファスナの標準であったクロメート処理に影響します。

  • 光沢・有色クロメート(例:A3C~DIN EN ISO 4042)
  • 緑色クロメート
  • 黒色クロメート
  • DACROMET®


代替処理の選択に関しては、品質、価格および入手可能性が最も重要な基準です。三価クロム厚膜パッシベーション(VZD)を有する電気メッキされた亜鉛コーティングは、これらの要件を満たします。

  • 高い耐食性:SSNTで144時間
  • 調整された摩擦係数: µ = 0,12-0,18
  • 経済的で環境に優しい
  • 高い可用性
VZD – クロム-VIを使わない代替品 – 持続的な表面保護

ダウンロード

詳しくは:関連ダウンロード。

詳細を知りたい場合に、関連するパンフレットをダウンロードしてください。

タイトル 言語 バージョン ファイル ダウンロード
VZD – クロム-VIを使わない代替品
Böllhoffからの持続可能な表面保護
8045/17.02 212 kB / PDF
8045/17.02 212 kb / PDF
Böllhoff bulletin
ファスナ用クロム-VIを使わない保護亜鉛層への切替
1622/15.02 895 kB / PDF
1622/15.02 895 kb / PDF

PDFをご覧になる場合は、無料のAdobe Acrobat Readerが必要です。