革新

RIVTAC®

RIVTAC® 全く新しい接合方法

 

高速接合

RIVTAC®は量産に革命をもたらし、さらに効率的にしました。 

将来の自動車のための革新的な接合:RIVTAC®は、自動車分野の現在および将来の要件を満たすために開発した全く新しい接合方法です。この新技術は、2010年のジュネーブモーターショーで発表され、2013年には、量産が開始されました。

この製品はBöllhoff製です。

対応策

 

RIVTAC®高速接合

この革新的な機械的工法により、釘状のタックが加速され、非接合部に押し込まれます。タックの先端部は、突起を生じさせることなく材料を変位させます。ボトム接合部における接合強度は、力と形状に適合した保持機構の組み合わせによって決まります。

初期状況

 

唯一不変なもの、それは変化

これは特に、自動車業界の車体構造に当てはまります。快適性の向上、ダイナミクスと安全性の向上、重量と燃費の削減 - すべてが製造コストと生産コストの削減につながっています。自動車内で見つかった材料の混合に大きな変化をもたらした要件であるスチール、軽金属、プラスチックは依然として最も重要な材料ですが、これらのグループの中には、多くの新しい組成物と代替品があります。
体系的な軽量構造による車両効率の改善傾向は、機能的に最適化された冷却鋳造およびダイカスト部品の需要をもたらし、接合技術の大きな課題となっています。まず第一に、熱処理された部品は、材料の特性を保存するために低温で接合される必要があります。第2に、部品は一般に片側からのみアクセス可能です。最後に、コストの観点から、設計者は下穴加工を行わずに、単一のプロセスで接合したいと考えています。

結果

 

将来の可能性

片側からのみのアクセスでは、今日使用されている従来の接合方法が限界に近づいています。タック締結の場合はそうではありません。1000MPa以上の引張強度を有する高強度部品、プロファイルおよび多層接合でも、非常に優れた強度特性を有する制御された一貫した方法で接合することができます。このようにして、プロセスは安全関連の接合を支配する厳しい要件を満たし、同時に接着技術と組合わせて使用することができます。1秒未満の短い締結時間は、セルフタッピング締結の3倍以上の速さです。印象的なサイクルタイム - 対応する魅力的なコスト削減能力。ユーザーのさらなるメリットとして、ファスナーはほぼ普遍的に適用されます。
タック締結により、我々は大きな飛躍を遂げ、当社の革新的な強みをさらに強調しました。最後に、このプロセスは先端技術の究極の姿を表しています。タック形状およびファスナーの材料組成は、特定の課題があり、また必要なスピードまでタックを加速する必要がありました。大規模な研究努力を伴う結果は、特に車体構造における現在および将来の要求を満たします。

ダウンロード

詳しくは:関連ダウンロード。

詳細を知りたい場合に、関連するパンフレットをダウンロードしてください。

タイトル 言語 バージョン ファイル ダウンロード
RIVTAC®オートメーションシステム V1.1
英語 6810/17.02 1683 kB / PDF
英語 6810/17.02 1683 kb / PDF

PDFをご覧になる場合は、無料のAdobe Acrobat Readerが必要です。

詳細

より多くの接合技術をご覧になりますか?

他のアプリケーションおよび関連トピックに関する情報がここにあります。