ねじロック

Twin-Lock

強力な振動や動的な負荷の下でも、
空転を最大限に防止

 

ネジの緩みに対する最大の安全性

Twin-Lock スクリュロッキングシステムは、ネジの緩みを効果的に防止します。

摩擦の代わりにポジティブロック!
従来の方法とは異なり、Twin‑Lock スクリュロッキングシステムは、ジョイントの予圧力を利用します。そのため、従来のスクリューロックシステムよりも優れています。

メソッド / 動作原理

Twin-Lockは2つの同一のウェッジロックワッシャで構成され、一方にラジアル歯車、もう一方にスプライン歯車を備えています。これは、ジョイントが解放された時に予圧力の増加をもたらし、強力な動的負荷および振動の下でもねじ締結を効率的に確保します。

アプリケーション

Twin-Lockワッシャは、ネジの緩みが発生する危険がある箇所への使用が推奨されます。Twin-Lockは、強い振動や動的な負荷の下でも効果的な締結を確保します。

製品の利点
  • 強力な振動と動的負荷の下で最適な緩み止め
  • 再利用可能
  • ねじ締結用に確立された緩み止め
  • すべての等級ののネジ/ナット(最大12.9)に使用可能

製品の利点

当社の製品を選ぶ理由は、たくさんあります。

強度とオプション

最適な緩み止め

強い振動や動的な負荷の下でも、緩みません。

シンプルで組み立てが容易

プリボンディングされたワッシャ・ペアは、組立中のエラーを防止し、取り扱いが容易です。

潤滑剤との併用に最適

緩み止め効果は摩擦力より予圧力に依存するため、ドライおよび潤滑面の両方で回転防止ロックが保証されています。

環境にやさしく高耐食性

Twin-Lockは高品質の塗装により、高い耐腐食性を有します。

詳細な説明

 

動作原理

ナット/ねじを締め付けると、Twin-Lockロックワッシャのラジアル歯車が接触面に確実に押し込まれます。スプラインド歯車の傾斜角αは、スレッドのピッチ角βよりも大きくなっています。
したがって、ねじが緩まると予圧力が増加します。さらに、ワッシャの外面上のラジアル歯車の摩擦係数は、スプラインド歯車の内側の摩擦係数よりもはるかに高くなっています。このワッシャペアの組み合わせにより、回転防止が確実に行われます。

Twin-Lockスクリュロッキングシステム
 

インストール

汎用性が高いTwin-Lockワッシャは、ネジ穴、皿穴、貫通穴、およびスタッドでの緩み止めに使用できます。貫通穴に使用する場合、2組のロックワッシャを使用する必要があります。さらに、スロット穴や軟質の材料には、大きな外径のTwin-Lockワッシャを使用することを推奨します。

Twin-Lockスクリュロッキングシステムのインストール

1) スレッドホール
2)カウンターシンク
3)貫通穴
4) スタッド

 

Twin-Lockのテスト

Twin-Lockは、予圧力がジョイントに保持されることを保証します。下の図は、ワッシャの高い緩み止め能力を示しています。緩み止めのないねじ(赤線)とは異なり、予圧力は全負荷時間にわたって一定のままです。青い線は、荷重が変化した後にジョイントを緩めることに必要な力の増加を示しています (クリック効果)。

テストパラメータ

  • ねじ: M8クラス 8.8
  • 予荷重:9.1 kN
  • クランピングの長さ:14 mm
  • 表面処理:Delta Protekt® KL100+VH30
  • 潤滑油:SAE 30 oil
Twin-Lockスクリュロッキングシステムのテスト証明

=50%降伏点の予圧力付きのTwin-Lock M8ねじ
=ロックワッシャなしのM8ねじ
オレンジ=円錐スプリングワッシャ付きM8ねじ
=ポリアミドリング付きM8ナット
=ねじが緩んでいる間の予荷重の変化(クリック効果)

様々な製品

それぞれに適応する対策が必要です。

御社のアプリケーションに適切なバリエーションを見つけてください。

標準直径のTwin-Lock

標準バージョンは、皿ボルトを含む幅広いアプリケーションに適しています。

詳細情報

大きな外径のTwin-Lock

このバージョンは、柔らかい材料やスロット付きの穴に最適です。

詳細情報

ダウンロード

詳しくは:関連ダウンロード。

詳細を知りたい場合に、関連するパンフレットをダウンロードしてください。

タイトル 言語 バージョン ファイル ダウンロード
Twin-Lock
DOUBLE SECURITY
英語 09/2015 3944 kB / PDF
英語 09/2015 3944 kb / PDF

PDFをご覧になる場合は、無料のAdobe Acrobat Readerが必要です。

詳細

より多くの接合技術をご覧になりますか?

他のアプリケーションおよび関連トピックに関する情報がここにあります。