セルフタッピングファスナー

EJOT DELTA PT®
ねじ

軽量構造用EJOT DELTA PT®  熱可塑性樹脂用セルフタッピングファスナー

 

信頼性の高い樹脂向けファスナー

EJOT DELTA PT®は、プラスチック向けのスレッド成形ねじであり、特に熱可塑性樹脂に適しています。

EJOT DELTA PT®はPTネジの開発品であり、熱可塑性材料に数年間にわたりねじ留めをした実績があります。丈夫なファスナーとして、厳しい使用条件下でも優れた性能を発揮します。

メソッド / 動作原理

スレッド成形における材料置換の分析結果である特殊なスレッド形状は、形成されたプラスチック材料が最適な方法で流出することを可能します。

アプリケーション

プラスチック用のセルフタッピングファスナーは、薄肉の平らな部品に最適です。それらの使用は、材料の節約および射出成形サイクル時間の短縮をもたらします。部品の全体的な締付けコストを考慮すると、セルフタッピングファスナーは大幅な節約の可能性があります。

製品の利点
  • 長い締結寿命
  • ねじ締付け中に最適化された材料の流れ
  • 良好な耐振性
  • 高い引張強さおよびねじれ抵抗

製品の利点

当社の製品を選ぶ理由は、たくさんあります。

強度とオプション

最小限の半径方向応力

小さなフランク角は、半径方向の応力を低減し、薄肉の工法を可能にします。

安定した保持力

組み立て時に最適化された材料の流れにより完璧にフィットします。

スレッドのセルフロッキング効果

最適化されたピッチは、ねじの緩みの可能性を最小限に抑えます。

長寿命

熱処理鋼PT 10の使用の為、迅速にインストール可能で、耐久性もあります。

高い引張強さ及びねじり抵抗

コア断面が拡張すると、ねじの強度が高まり、高強度熱可塑性プラスチックであっても高い予圧力および締め付けトルクが達成されます。

減量

軽量構造では、グラムごとにカウントされます。従来の締結とは対照的に、より短いねじおよびより小さい直径を使用することができます。

費用対効果

標準部品使用による在庫コストを削減します。

詳細な説明

 

スレッドの形状

従来の60°フランク角度タッピングスクリューのスレッドフランクと比較して、EJOT DELTA PT®の最適なフランク角度は、半径方向の伸びを減少させます。20°または30°の角度は、半径方向の伸びが小さくなり、薄肉の構造が可能になります。大きな軸方向成分は、形成されたプラスチック材料を最適な方法で流出させます。

EJOT DELTA PT® –側面形状

側面形状

 

優れた耐振性

スレッドピッチの設計は、良好な耐振性を可能にし、ねじの緩みを効果的に防止します。

 

増加した動的負荷容量

新しいコアプロファイリングにより、ダイナミックロード時の安全性がさらに向上しました。ねじの疲労強度は、コア断面が拡大し最適化されたねじ形状によって実質的に増加します。動的安全性をさらに向上させるために、ねじ山は根元で安定しており、フランクの破損のリスクを低減させます。最適化されたピッチは、増加したスレッドカバレッジをもたらし、スレッドの側面の疲労破壊のリスクも低減しました。

パーソナライズされた設計サポート

 

フリーサポート予想プログラムDelta Calcで

プログラムを使用するために、ウェブサイトのサービスエリアにログインする必要があります。オンラインフォームから必要なパラメータを入力すると、Delta Calcを使用してEJOT締付けスペシャリストがクエリを処理し、結果は電子メールで送信されます。

詳細

より多くの接合技術をご覧になりますか?

他のアプリケーションおよび関連トピックに関する情報がここにあります。