プレス – 18.01.2016

セルフタッピングファスナー

QUICK FLOW®薄型タッピングスクリュー

すべてのセルフタッピングファスナーは、パイロットホールにねじ込まれると独自のスレッドを形成するスレッド形成ファスナであり、いくつかのタイプのファスナーはタッピング穴を作ることができます。

セルフタッピングファスナーを使用すると、組立て時の生産性が向上し、
コストも削減できます。

この製品はBöllhoff製である。

 

ネジ山は、スレッドの形成部によって作られます。一般に、これは圧延によって達成されます。このため、スレッドが加工品よりも硬く、材料がスレッドを形成することに十分な延性を持つことが前提条件となります。ねじ込み部分がDIN EN ISO 1478(ぐらつき限界)に準拠したタッピンねじのスレッドピッチよりも薄い場合、追加の接合要素を使用する必要があります。経済的な代替方法は、薄板のねじによって提供されます。

QUICK FLOW®の薄いタッピンスクリューは、シートに穴を開け、通路を形成してからタッピングを作り出す。このメイティングスレッドは、固定点でネジの高さを良くし、スレッドピッチをより細かくする結果、形成されたねじの被覆率が改善されます。

 

チャレンジ

今日、部品や製品全体が軽量化され、より安価に生産することができるようになると同時に、お客さまに多くの利点をもたらします。これは、克服する必要のある設計および技術的な実装段階で一連の課題をもたらします。

ファスナーについて言えば、これはセルフタッピングネジが必要であることを意味します。

多くのシートや薄板部品はより薄くなっており、望ましくないものの、そこでナットがしばしば必要になります。薄板用のQUICK FLOW®セルフタッピンスクリューを使用すると、これらの追加部品はもはや必要ありません。

 

原理

耐摩耗性のあるスパイラルチップは、事前に下穴加工なしでネジを締めることができます。ネジの先端の形状は薄板に溝を形成し、再使用可能なメートルネジが作られます。したがって、広い範囲に適用可能となります。QUICK FLOW®の細目ねじピッチは、形成されたメートルネジと十分に重なり合っています。さらに、自動アッセンブリを可能にし、高い転倒トルクのおかげで、必要なプロセスの安全性を保証します。

利点

  • 下穴または材料のスタンピングの必要なし
  • ガイドスレッドの必要なし
  • ナットの必要なし
  • 迅速で自動化された組立てによる短いサイクルタイム
  • 高転倒トルクによる組立て時の高いプロセス安全性
  • 再利用可能
  • 締付けが安全で長持ち

QUICK FLOW®は、Böllhoffの薄板材用のユニバーサルで経済的なファスナーです。ネジは標準サイズのM4〜M6で、ボタンヘッドと六角形のドライブが付いています。他のヘッド種類と寸法は、要望に応じていつでも提供いたします。

 

© Böllhoff グループ、 Bielefeld 2016

転載認定済み

 

責任者

Frank Nientiedt
企業マーケティング部長
at Wilhelm Böllhoff GmbH & Co. KG
Telefon +49 521 4482-01
Telefax +49 521 449364
Eメール: presse@boellhoff.com

 

こちらにお問い合わせください。

BOLLHOFF K.K.
1-10-29 Marunouchi, Naka-ku,
Nagoya-shi, Aichi, Japan, 460-0002
 

ダウンロード

関連するダウンロード
何? ファイルフォーマット/文字 リリース日付 タイプ/サイズ ダウンロード
プレス写真(1)
.jpg / CMYK / 300 dpi 2016年1月 2529 kB / ZIP
.jpg / CMYK / 300 dpi 2016年1月 2529 kb / ZIP
プレス写真(2)
.jpg / CMYK / 300 dpi 2016年1月 1455 kB / ZIP
.jpg / CMYK / 300 dpi 2016年1月 1455 kb / ZIP

*空白を含む