革新

RFID

RFID技術は、カンバン方式のコア技術  RFID技術による調達システムは、これまで一般に使用されていたバーコードシステムよりも簡単で迅速です。

 

RFID技術付き革新的なカンバン方式

カンバン方式は、革新的な調達プロセスであり、
RFIDはそれらをより効率的にします。

カンバンは、1970年代に日本のトヨタによって開発され、世界で最も長く確立された生産管理法の1つです。そのシステムは調達プロセスを簡素化します。多くの異なるサプライヤーに頼ることなく、一つの窓口からから多くの製品を調達できます。カンバンサプライヤーは、継続的な供給をします。RFID技術は、より現場に密着したニーズを拾うことで、あらゆる業務を簡素化します。

Böllhoff parabola

技術

 

RFIDによる物流ソリューション

人は誰でも間違えをします。しかし、技術は人々の間違いの数を抑制することができます。RFID(無線周波数識別)は、従来手動で使用されていたプロセスを自動化する方法です。この技術は非接触識別と監視を提供し、C部品調達システムにも大きな利点をもたらします。
課題は、システムをスムーズかつ効率的に動作させるために、技術を信頼できるものにすることでした。このソリューションには、バーコードスキャンと比較して2つの大きな変更点があります:バーコードスキャナはRFIDリーダーに置き換えられ、各ラベルはバーコードの代わりにパッシブRFIDチップになります。ラベルが印刷されると、バーコードに以前に含まれていたのと同じデータがチップに書き込まれます:品番、顧客番号、コンテナ番号、コンテナ容量、アンロードポイント、および必要に応じてその他の情報が含まれています。
2つの異なるシステムを運用しているコンテナラベルは、RFIDリーダー付きレターボックスに掲示されるか、またはコンテナ全体が棚の隣にある収集ボックスに置かれ、収集ボックスの上に置かれたリーダーによって登録されます。どちらの場合でも、データは自動的に読み込まれ、当社のERPシステムへの転送され、数秒しかかかりません。当社はすぐに梱包をし、翌日にお客様にお届けます。


バーコード技術に対する利点

  • 注文の送信から商品の配送までの応答時間が大幅に短縮された。
  • 顧客の在庫ストックを圧縮しますキャピタルロックアップと利益を削減された。
  • 手作業は大幅に削減される。これは供給の安全性を高める。

初期状況

 

RFID技術なしのカンバン方式

2012年までは、企業が部品を保管するコンテナには、常にバーコードラベルが使用されていました。今でも、大部分の注文プロセスはまだバーコードの手動スキャンに依存していています。それから、データはさらなるプロセスステップによってサプライヤーに転送されます。問題としては、データは一定の間隔で記録され、転送されますが、最悪の場合、新しいコンテナが空になった時にすべての空のコンテナがスキャンされただけになります。このため、企業は適切な安全在庫を維持しなければなりませんが、RFID技術により、このリスクを削減することができます。

RFIDなしの注文プロセス

初期
マニュアル

時間

チェック間隔による

信頼性
高い

将来の可能性

 

インテリジェントな輸送と保管コンテナ

RFIDは、将来のサービス拡大のための基礎的な技術となると思われます。この技術は成熟しており、信頼性があります。また、ラベルやリーダーのコストが削減されるため、企業の成長に寄与します。
将来は、物流チェーン内のコンテナを追跡することができます。ドイツ連邦教育研究省の支援により、研究は進行中です。Böllhoffは、このプロセスの提携パートナーです。当社の目的は、サプライヤーから顧客までのサプライチェーン全体の中でいつでも追跡できるインテリジェントな輸送と保管コンテナを開発することにあります。必要な場所の特定とその追跡するレベルに関する情報は、プロセスの信頼性を高め、物流プロセスをスピードアップさせます。物量を最適化した供給はコストを削減させます。また、包括的なモニタリングにより、供給の流れが中断した場合に迅速な対応が保証されます。

RFID付き注文プロセス

初期
自動

時間
リアルタイム

信頼性
非常に高い

ダウンロード

詳しくは:関連ダウンロード。

詳細を知りたい場合に、関連するパンフレットをダウンロードしてください。

タイトル 言語 バージョン ファイル ダウンロード
ECOSIT® ECOnomic Supply In Time
ファスナー用調達及びサプライシステム
英語 07/2018 2494 kB / PDF
英語 07/2018 2494 kb / PDF

PDFをご覧になる場合は、無料のAdobe Acrobat Readerが必要です。

詳細

より多くの接合技術をご覧になりますか?

他のアプリケーションおよび関連トピックに関する情報がここにあります。