業界ソリューション

Klaas

アルミニウムクレーン ねじロック機構RIPPLOCK®ロックワッシャ

 

動的接続の場合

高荷重の下でねじが緩むことを防止します

高荷重下での使用では、ボルトには緩みに対する高い要求が課せられます。
Klaasがクレーンの旋回上の接続に対するご提案で、当社は効果的で費用対効果の高い方法を見つけました。

初期状況

 

ねじ組み付けの緩みに対する改善

最初のアルミニウムクレーンを開発して以来、Klaasは革新的なエンジニアリング会社として、ドイツ国内外で名を馳せております。世界中の屋根の工事業者、引っ越し運送業者や消防サービスは、これらの洗練された軽量クレーンに依存しています。
当社の仕事は、クレーン車の旋回輪上のボルト接続を強化することでした。ファスナーは高い荷重を受けやすいので、もともと長さ2×dのスペーサースリーブが使用されていました。当社の目標は、これらのスペーサースリーブを長くすることに加えて、金属ファスナーに耐腐食性を持たせることでした。

カスタマープロファイル

工業
建設機械

本社
Ascheberg / ドイツ

成立時期
1933

 

対応策

 

クレーン車の旋回輪用RIPP LOCK®ロックワッシャ

RIPPLOCK®を使用すると、従来使用されていたスペーサースリーブが長くなります。接続部とファスナーヘッドとの間の中間要素として、ねじロックは摩擦係数を調整し、高い荷重の下でも必要な予圧力を維持します。

RIPPLOCK®ロックワッシャ、六角ヘッド付ファスナーとナットの高品質亜鉛フレークコーティングは効果的な耐腐食性を持ちます。塩水噴霧試験は、赤錆に対する耐性を480時間確認しました。


RIPP LOCK®ロックワッシャの利点

  • 回転防止ロック
  • 耐腐食性/耐熱性
  • プロパティクラス12.9までの積載容量
  • 簡単なインストールと取り外し
  • 再利用
  • 傷つきやすい表面にも適応

結果

 

部品の最適化によるコスト削減

ファスナーは所定の位置に留まり、RIPPLOCK®ロックワッシャによって提供される機械的な回転防止ロックは、動的荷重下でねじファスナーの緩みを防止します。この耐腐食性、耐熱性ロッキング要素を装備したクレーンの旋回輪は、極端な動的荷重にも耐えることができます。
RIPP LOCK®ロックワッシャーは、従来のロッキング要素の多くを兼ね備えています。汎用の製品として、比較的大きな外径はDIN 125 / ISO 7089に準拠しており、ほぼどこでも使用できます。簡単な取り付けと取り外しは、製品を複数回使用できることを意味します。スペーサースリーブの必要性を避けることにより、KlaasのC部品を合理化することができました。当社の顧客は、技術的および経済的利益の両方を得ることができました。

顧客の利益

  • 非常に効果的な回転防止ロック
  • 腐食防止
  • 優れた耐摩耗性
  • 品質改善
  • コスト削減

ダウンロード

詳しくは:関連ダウンロード。

詳細を知りたい場合に、関連するパンフレットをダウンロードしてください。

タイトル 言語 バージョン ファイル ダウンロード
Success story
クレーン車 - 旋回リングの最適化
英語 0319/14.02 302 kB / PDF
英語 0319/14.02 302 kb / PDF
RIPP LOCK®
緩み止め機能付きナット・ボルト
英語 8210/16.02 1083 kB / PDF
英語 8210/16.02 1083 kb / PDF

PDFをご覧になる場合は、無料のAdobe Acrobat Readerが必要です。

詳細

より多くの接合技術をご覧になりますか?

他のアプリケーションおよび関連トピックに関する情報がここにあります。